リフレクソロジー 資格

MENU

リフレクソロジーの資格を取る方法

リフレクソロジーの資格を取りたいと考えている方も多いと思います。
ではどのように取得するのでしょうか。
大体スクールに通うか通信講座で勉強するということになるのではないでしょうか。
方法に関しては自分の合ったものや生活環境に合わせて決めるのが良いと思います。
あとはスクールも通信講座もいくつかの会社が行っています。
当然教材も違ったものになります。

無料で一括使用請求

そこでオススメなのが資料を一括で請求できるものです。
自分が住んでいる地域で行われているスクールや講座を無料で一括資料請求できます。
これでそれぞれの特徴を比較してどこを利用するのか選ぶのが良いのではないでしょうか。

リフレクソロジー講座一括資料請求

リフレクソロジー勉強はいろいろなスクールなどで行うことができます。
ですからいろいろなスクール、講座を比較して選ぶのが良いと思います。
そこで便利なのが一括資料請求です。
自分でいろいろ調べる手間が省けるので便利です。
そこでおすすめを紹介したいと思います。

リフレクソロジーおすすめ一括資料請求

ビューティー資格ナビ

ビューティー資格ナビには数多くのリフレクソロジースクールラインナップされています。
有名なところから地域のスクールまで様々です。
また地域で探せるので便利です。
記入も2分程度で終わるので楽だと思います。

 

公式サイトで確認⇒ビューティー資格ナビ リフレクソロジー

ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.netはリクルートグループが運営する通学講座・通信講座、一括資料請求できるサイトです。
掲載数も多く、リフレクソロジーで検索すると数多くの講座が出てきます。
電話での勧誘がいやという方は電話番号を記入しなくても良いので利用しやすいのではないでしょうか。
リクルートグループ、掲載数なども考えても利用してみても良いと思います。

 

公式サイトで確認⇒心理カウンセラー講座

シカトルビューティー

シカトルは様々な資格講座の情報を提供しています。
リフレクソロジーに関しても様々なスクールが掲載されており、
一括で資料を請求できます。
こちらも記入は簡単で手間がかからないと思います。

 

 

リフレクソロジーとはどういったものなのか

地域でも気軽に受ける事ができるマッサージは、さまざまな方法があります。

 

マッサージ中でも体のメンテナンスができるとして人気の高いリフレクソロジーとは、足裏マッサージの事で足裏のツボを刺激する事で、弱っている体の箇所や疲れが取れるマッサージ方法です。

 

英国式リフレクソロジーや台湾式リフレクソロジーなどといったチェーン店も多い程で、体の中の機能などが疲れていたり、弱っている箇所の足のツボを刺激する事で、とても痛く感じたりいた気持ち良かったりします。

 

たくさんのツボに刺激を受ける事によって健康ケアができるマッサージでもあり、エジプトでは4000年前からマッサージとして使われていたリフレクソロジーは、健康法などとして今でもとても人気があるマッサージ方法です。

 

リフレクソロジーは指の関節や専用の棒などを使い、しっかりとツボを押していくので体に老廃物が溜まっていると強い痛みが伴う場合がりますが、終了後にはすっきりとして即効性のあるマッサージです。

 

その日の体調によっても痛む場合があるリフレクソロジーでは、体の機能の低下がわかるので疲れている時などは、自分でケアする事ができ、いた気持ち良い施術で体が軽くなります。

リフレクソロジーの資格を取る方法

最近、注目されているリフレクソロジーは、高齢化社会の日本において、これからますます需要が高まりつつあります。
リフレクソロジーとは足裏マッサージのことで、体調を整えたりリラックス効果があります。
医学的にも高い効果が実証されているので、介護施設や医療施設での代替医療として取り入れられていたり、温泉施設やスポーツクラブなどでも専門のサロンが設けられているところがあり、将来性が高い資格で特に女性に注目されています。

 

そのリフレクソロジーの資格を取得するには、知識と技術が必要になります。
独学や通信講座でも知識をつけることは可能ですが、施術技術などの実践は本や映像だけでは習得しづらいようです。
民間資格なので、スクールによって受講期間・授業内容・卒業後のサポート体制が違います。
無料の資料請求でしっかりと内容をチェックして、スクールを選びましょう。
趣味として習うなら、5万円くらいからのスクールもありますが、仕事に生かしたい場合は20万円〜と費用は高くなりますが、分割払いが出来るところが多いです。
難易度としてはそれほど高くなく、各スクールの授業内容を習得していれば、ほとんど落ちることはありません。
是非、将来の幅を広げる為にもまずは資料請求してみてはどうでしょうか。

リフレクソロジーの資格をスクールで取るメリットとデメリット

マッサージやエステなど、人の心身を癒すリフレクソロジーは、とても奥が深く職業としてもやりがいがあります。
そのリフレクソロジーの知識と技術を学び資格を取るには、スクールに通って教えてもらうか独学で身につけるかの、どちらかになります。

 

スクールで学び資格を取るには、もちろん学費がかかります。
でもお金を出して指導してもらう場合、様々なことを吸収していけるメリットがあります。
授業のなかでプロの講師に、わからない所を質問でき自分の技術のレベルを、実技で見てアドバイスしてもらえます。
また、自分がプロになった際のマナーや心のあり方についても、しっかりと勉強できます。

 

デメリットとしては、スクールで学ぶことで、リフレクソロジーの技術の独自の特徴が出しにくいという点でしょう。
プロとしてお客様に施術を行う場合には、売りとなる特徴的な技術があった方が、お客様からの覚えが良いです。

 

良い悪いはあるにしろ、リフレクソロジーの仕事で身を立てていきたいのなら、独学よりもプロの講師に指導してスキルをつける方がおすすめです。
人を癒す仕事をする上での、セラピストの目線の持ち方を、プロの講師からの指導で深めていけます。
これがあるか、ないかは仕事を始める上で大きな違いとなるでしょう。

リフレクソロジーの資格を通信講座でで取るメリットとデメリット

リフレクソロジーの人気が高まっている現在では、リフレクソロジーの技能を習得できる専門学校が増えており、最近は通信教育で資格を取得できる講座もあります.
とはいえ、通信講座で資格を取得することには、良い点も悪い点もあるので、事前にその点を理解して申し込むことが大切です。

 

たとえば、通信講座は、送付されるテキストやDVDなどの教材を使ってプロとして活躍するために必要な知識と技能を身につけるものなので、仕事や育児などで忙しくて学校に通えないという方でも、時間が空いたときにいつでも勉強ができるというメリットがあります。
これに対して、通信講座では、直接学校に通って技術を習得するリフレクソロジーの専門学校のように、人を相手にした実践経験を十分に積めないというデメリットがあります。
リフレクソロジーの技能の習得には、直接、他人の足の裏に触って実践してみて微妙な力加減などを覚えることが大切なので、これは大きなデメリットといえます。

 

とはいえ、忙しくて学校に通えない人にとっては自宅で学べるメリットも大きいので、通信教育でリフレクソロジーの技術習得を目指すときには、家族や友人・知人に協力してもらって毎日練習するなど、実践経験を多く積んでしっかりと技術を身につけることが大切です。
なお、リフレクソロジーの専門学校の通信コースの中には、スクーリングやオープンデー(自由練習日)などを設けて実践的な経験を積ませてもらえる講座もあるので、近くに協力してくれる人が少ないという方はこうした講座を選びましょう。

リフレクソロジーは自分で学べる?セラピスト養成スクールの特徴とは

いつも気持ちよく受けられるリフレクソロジーをまだ知らないという人にも広めたい、そんな方にお勧めなのがリフレクソロジーのセラピスト養成講座です。
セラピストにはベビーマッサージや絵本、メンタルなどさまざまなジャンルがあるのですが、リフレクソロジーに特化したセラピスト講座はリフレクソロジーを通じて多くの方にリラックスしてもらおうという目的で開講されています。

 

座学で学ぶリフレクソロジー

セラピスト養成講座は全国で数多く開講されていますが、座学ではリフレクソロジーの原点であるエジプトのサッカラで発見された医師の墓に描かれた4000年前のリフレクソロジーから現代のリフレクソロジーのあり方、足裏のどことどの器官がつながっているのか学びます。
リフレクソロジーはもともと自然治癒力を高めるためにありますから、リフレクソロジーによって得られる効果、特徴なども学ぶことが可能です。

 

実技を身に着けて即戦力になる

リフレクソロジーは他人に施行するものですから当然実技指導があり、生徒同士で実践しながら技術を習得していきます。
セラピスト養成講座の多くは実技中心で行われており、リラクゼーション技術から各器官の調子を整えるためのリフレクソロジーまで学ぶことができます。
さらに最後は仮認定試験が行われ、実技面に問題ないと判断されればリフレクソロジストの資格取得へ向けてさらに勉強をします。
ロイヤルセラピスト協会の賛助会員となると講師になることができ、リフレクソロジーを提供したり、スクールの講師になることが可能です。
就職を周旋してくれるスクールもありますので、興味のある方は資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

リフレクソロジーおすすめ講座一括資料請求


カウンセラーの勉強もしたいとという方は心理カウンセラー資格を参考にしてみてください。