リフレクソロジーと足つぼマッサージはどう違うの?それぞれの利点

MENU

リフレクソロジーと足つぼマッサージはどう違うの?それぞれの利点

リフレクソロジーと聞くと足の裏を刺激してリラックス効果を得ることという意味から足つぼマッサージと何が違うのか分からないという方が多いようです。
リフレクソロジーは4000年前のエジプトに起源を持ち、アメリカで発展しました。
一方の足つぼマッサージは東洋医学の一種ですからアジアを中心に発展したものです。
では具体的なリフレクソロジーと足つぼマッサージの違いとそれぞれの特徴を見てみましょう。

 

リフレクソロジーの特徴

リフレクソロジーは反射区を使って体の自然治癒力を高めるという特徴があります。
反射区というのは内臓や骨などの器官をつかさどるエリアのことで、体の不調を改善するだけではなくメンタル面への効果も見られます。
マッサージに実際に使われるのは手、指だけで器具や関節は一切使いません。
その結果痛みのない気持ちのいい施術が可能となり、血行、リンパの流れがよくなり毒素を排出したり、ホルモンバランスを整えたりします。

 

足つぼマッサージの特徴

足つぼマッサージは内臓や骨などの機関と結びつく点を集中的に刺激する方法です。
間接、器具を使って行うためほとんどの場合は痛みを伴いますが、国家資格によるマッサージや指圧、などは体の中にある臓器や筋肉などの働きを正常にし、肩こりや頭痛を改善します。
リフレクソロジーとの最大の違いは今ある不調に対して改善効果をもたらすのが足つぼマッサージであり、リラックス効果は得られないということです。
どちらも施術後は体がすっきりしているため、違いが分からないという方が多いのですが、リラックス効果があるのはリフレクソロジーの、今ある不調を改善できるのは足つぼマッサージの大きな利点と言えるでしょう。

リフレクソロジーおすすめ講座一括資料請求