話題のリフレクソロジーとは何なの?その特徴や効果について

MENU

話題のリフレクソロジーとは何なの?その特徴や効果について

リフレクソロジーとは反射学という意味を持つ言葉で、人の足の裏にある胃や腸、目などと言った臓器や筋肉、骨、神経などにつながる部分を刺激することで反射を起こし、機能回復を図るという方法です。
足裏というと激痛を伴うのではとイメージする方もいますが、リフレクソロジーは自然治癒力を高め、気持ちよさを求めることでリラックス効果を得ることができます。
注意したいのはリフレクソロジーは病気を予防、改善する為に行うものではなく、疲れているストレスがたまっている人にとって効果があるということです。

 

リフレクソロジーの特徴

リフレクソロジーは東洋式と西洋式にわかれていますが、一般的に広まっているリフレクソロジーは西洋式で、痛みを伴わない、むしろ気持ちいいから眠ってしまうほどのマッサージです。
東洋式は足裏マッサージとよく表現され、関節、器具によって痛みを感じさせますが、西洋式は指を使いますので痛みはほとんどありません。
痛みを伴うということはストレスになるためリラックスできないということから西洋式が広まっています。

 

リフレクソロジーの効果

リフレクソロジーは血行を改善し、足に回ってきた血液を心臓へ戻していきます。
そのため新陳代謝が活性化し、老廃物が排出されやすくなり、自然治癒力が高まるので病気予防や健康増進効果が期待できます。
尿や排便回数、量が増えたり、汗をかきやすくなったり、じんましんが出たりなどといった反応は好転反応ですから心配ありません。
疲労、ストレス解消効果もあり、頭痛や倦怠感、胃もたれなどを感じることもありますが、筋肉の緊張がほどけている証拠ですから安心してください。

 

リフレクソロジーというのは以上のような形で注目を集めている様子です。
最近ではリフレクソロジーに関する事務の資格なども人気のようです。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

リフレクソロジーおすすめ講座一括資料請求